メダルゲーム

ここでは、「メダルゲーム」 に関する記事を紹介しています。
◎ 最新記事

★メダルゲームの管理人的コツ

  ・ボールプッシャー系メダルゲームでボールがなかなか動かないときは少し休む
  ・メダルゲームは席についてから本番!放出期なのか回収期なのか見分ける
  ・メダルが沢山あるのなら小アタリはわざとミスをする


★メダルのガンマン関連記事

  ・メダルのガンマンの自分的イメージ!リングカラーで台選び
  ・捜索モードがでないのなら早めにやめるべし
  ・早撃ち牧場のクイック・ジミーの本気を見た!まさかの3連敗
  ・メダルのガンマン攻略!一丁拳銃と二丁拳銃の使い方
  ・馬に乗っている「キング・サンチョ」攻略
  ・肉弾戦が手ごわい「クラッシャー・キメラ」攻略


★メダルゲーム攻略記事(注・昔に書いた記事が多いのでみづらい記事が多いです)

  ・メダルフロンティア・クレヨンしんちゃん・嵐を呼ぶ! カスカベランド
  ・メダルフロンティア攻略・キン肉マン
  ・ドンキーコングバナナキングダム攻略 サテライト選び編
  ・ドンキーコングバナナキングダム攻略 ミッションゲーム編
  ・カジノウィナー攻略
  ・ファンタジーゾーン(メダル)攻略
  ・ジーワンターフティービーのまとめ・感想
  



メダルゲームのプッシャーゲームといえば、JPチャンスがあります。

これは100%運になっているものが多いです。

最近はJPチャンスの多くはアナログ抽選方式ですよね。


結構メダルゲームに飽きた自分でも、いまだにJPチャンスになって

JPの穴のところでは、結構ハラハラしますね。


ボールがぐらんぐらんして、JPに入りそうで入らなくて

残念賞っぽいところに入ったときのショックも相変わらずです。


なんとなくJPに入るより、外れたほうの

「ガーン」

な感じのほうが、インパクトが強いような気がします。

まぁ高齢者はそういうのが癖になって、メダルゲームにハマるのかもしれませんけど。




スリルがあってゲームになる

メダルゲームにいえることですけど、JPなんて運なんですよね。

たしかに台選びとかは実力がいるかもしれませんけど

JPゲームになると、後は運だったりしますよね。


JPゲームに行くまでの台選びとか、そういうところは実力というか目も重要になりますけど。

JPは運なわけです。


つまり誰にでもチャンスがあるわけで。

だからこそ、スリルがあって癖になるのだと思います。


うまくいえませんけど。

高齢者でも若い人と同じだけのチャンスがあるわけですね。

そう思ったら、ギャンブルとか高年齢層がハマっているのもなんとなくわかるような気がします。


若い人なら、がんばればがんばるだけ有利になる場があります。

でも高齢者になると、年齢的にがんばっても根本的に無理なものが多いわけですね。

ゲームセンターのメダルゲームは、運でJPにいけるわけで

そういうところが人気なのかもしれません。




若い人は実力でチャンスをつかめる人生

自分は現在30代で、もうそもそもがんばっても限界があるような年齢です。


それでもゲームセンターのメダルゲームをやっていてJPゲームで残念賞な感じになると

「無駄な時間をすごしたな」

と思って、その時間で、少しでも有利になることをすればよかったと思ったりします。


TVゲームのRPGなんかの、レベル上げでも

やればやるほど強くなりますよね。

でもメダルゲームはJPゲームで残念賞に入れば、すべてが無というか。

常にJPゲームは一定の確率でしかないわけですよね。

まぁだんだん可能性があがったり、有利なゲームになるゲームもありますけど。


メダルゲームというのは、完全に運なゲームを好む人に向いているのかもしれません。

少しでも自分の実力というか、目を必要とするものを好む人はメダルゲームはむいていないのかもしれませんね。


まぁ若い人は、メダルゲームなんてやらず。

ジョギングでもしたほうが、向上はするでしょ。

なんの役に立つかはわかりませんけど。

ジョギングすることで、血液がサラサラになって健康になるのは確かですからね…。
どうも最近メダルゲームのメダルの価格が安くなってきているように感じます。

いままでは

1000円で100枚か150枚

ぐらいが相場でした。


でも最近は5000円で2000枚ぐらいもらえたりします。

ゲームセンターとしては、ハイリスクハイリターンになっているのかと。

そりゃローリスクローリターンだと、なんどもきてもらえないですからね。


沢山のメダルをあげれば、再び来てくれる可能性が高くなります。

さらに、来ないのなら預けたメダルもなくなるわけで

そういうところが関係しているのかもしれません。



メダルゲームがまるっきり高齢者向けへ

もうメダルゲームってほとんど高齢者向けの遊び場になりましたね。

昔は子供たちがメダルをもって、いろいろゲームしていましたけど。

ジャンケンゲームなんて、子供の誰もがプレイしたゲームですよね。

勝って「フィーバー!」ですよ。


メダルゲームは作るほうも迷走している気がします。

そもそもメーカー側は高齢者向けのゲームなんて慣れていないものだから…。

新たに出すも、誰もプレイせずに撤去されるゲームも多いです。

昔話のビンゴゲームみたいなものは、まさにそんなゲームに感じます。


昔はメダルゲームは楽しかったんだけどなぁ。

いまのメダルゲームはどれもすぐ飽きます。

単純なもののほうが、高齢者にとってはとっつきやすいから

そういうゲームが増えているのだと思いますけど。


若い人にとっては、1日やったら飽きるゲームばかりですからね。

まったくミニゲームがないので、10分ほどやって

「これがずっと続くの?」

と思ってしまいます。

関連タグ : メダルゲーム,

なんかダイノキング3とか、ダイノマックスとかいろいろでましたけど。

なぜかダイノキング2がなくなりません。

そして、なぜかダイノキング2がおばさんの間で好評だったりします。

よくやっている人がいます。


メダルゲームってどんな作品が人気になるのかわからないものです。

これじゃあ、メダルゲームを作るメーカー側も無理な気がします。


すごいメダルゲームを作っても、高年齢層から受け入れられなかったらどうにもなりませんからね。

とくにマリオのプッシャーゲームは、コロコロなんだか2から、ヒットがないような…。

まぁあれはよく出来ているから、人気なのもわかります。


自分はバナナキングダムが好きなんですけど。

あれは高齢者は無理だというのが、すぐにわかるのでしょうがないですけどね。


あー、バナナキングダムやりたくなってきた。

あの音楽と、ミニゲームの連続。

バナナキングダムの音楽を聞いていると、涼しい空気を感じる感じです。

関連タグ : メダルゲーム, ダイノキング2,